正社員月給17万円VS派遣社員月給21万円

未分類

職支援ブログライター ロスケンタ

どうも、就職支援ブログライターのロスケンタです。

僕は大学を卒業してから4年間程
正社員就職→短期離職→正社員就職→短期離職
この間に食いつなぎでちょくちょくバイトをしたりしていました。

この記事では
月給の安い正社員VS雇用が安定していない派遣社員」のどちらがいいのかを
現役派遣社員の立場からマジメに考えてみました。

僕は大学を卒業してからの4年間
正社員就職短期離職正社員就職
こんな事を繰り返して
途中就活が長引いた場合は適当にアルバイトとかをしていました。

そのため
様々な企業に就活に行きました。

僕の中で
事前に履歴書を郵送しなくてはいけないところは
基本的に書類選考で落ちやすいです。

やはり事前に書類を送ってもらう事で
求職者の本気度を確認したり、書類選考の時点で会う価値があるのか
判断しているのでしょう。

中途入社の給料の相場というと、多くて月給20万程です。
大体20万を越える場合は営業手当とか職務手当とかもろもろついたりします。
そして多くの場合見込み残業などでガンガン残業させられます。泣

月給17万円正社員の求人

・残業ほとんど無し(月5~10時間)

・土日休み

・長期休暇は仕事が終わり次第(1日か2日平均より少ない)

。交通費、社会保険完備

・年間休日105日

・ボーナス無し

・昇給あり

手取り15万円の正社員

実は僕が最初に新卒で入社した会社も手取り15万円いかないくらいだったのですが
1人暮らしで手取り15万円は想像以上に辛い生活になります。

その15万円の中から2万円交通費を払っていたので
実質手取り13万円という事になりますね。

当時の僕の生活費内訳は

・家賃40000円
・駐車場6000円
・交通費20000円
・携帯代(WIFI含む)12000円
・光熱費3000円
・食費3~40000円
計11~120000円

どれだけ頑張っても生活費で11万円程はかかってしまうので
一ヶ月に自由に使えるお金は3万円くらいしかありません。

ネットワークビジネスで借金を作った時は
この中から更に月に2万円ほど捻出していたので
もはや日常生活すら危ない日々を送っていました。

僕は結局この正社員月給17万の製造の会社は蹴りました。

理由は
あの手取り15万円の時の地獄をもう一度味わいたくなかったからです。

お金に全く余裕がないという状況は
本当に人間から余裕と自信を奪います。

月給21万円派遣社員の求人

・残業ほとんど無し(月5時間以内)

・完全土日祝休み(ただし休んだ分給料が減る)

・長期休暇は多め

・年間休日120日近く

・ボーナス無し

・昇給なし

僕はこの求人を見たときに即決しました。

ボーナスなんか無くてもいいから
残業がほとんどなくて早く帰れる職場を望んでいたのです。

そして休日がちゃんとあれば最高です。

大体
残業がない仕事というのは
月給がかなり安い仕事仕事自体かなりキツイものである事が多く
どうしても人がやりたがらない仕事が多いです。

それに
正社員として働き始めると現場の仕事以外にも色んな仕事を任されるので
時間通りに仕事が終わるなんて事は現実的に難しくなります。

だからこそ
僕はずっと正社員で働き始めても悩み続けていたのです。
正社員で人生安定するはずなのに何故か僕の心は晴れませんでした。

そして
自由な学生とかを見る度に
胸が締め付けられる様な気分でした。

僕がしたいことはこんな事じゃない。

どうせ人生なんて短いんだから、自分のやりたい事を思い切りやれる人生にしよう」と思い
僕は今の派遣社員の仕事に落ち着きました。

正社員は本当に安定なのか?

正社員は本当に安定しているのか?
僕は正社員=安定という世間のイメージとは裏腹に
今まで働いていた正社員の会社で自分は安泰だなんて感じた事はありません。

むしろ
僕が40代とかになって

・会社の経営状況が悪くなったらどうしよう

・この仕事が嫌になったらどうしよう

・体を壊してしまったて仕事が出来なくなったらどうしよう

正直派遣社員でいる時の不安とそんなに変わりません。
こんなこと考えてもキリがないので考えないようにしてます。

確かに
大企業とか優良企業は福利厚生もしっかりしてりますが
中小では福利厚生など手当が手厚くない会社が多いのも事実です。

僕の経験上
大体福利厚生が手厚くない会社は
お給料とかも少ない事がほとんどです。

それに
以前は派遣社員というと無保険である事が多かったと思いますが
今では社会保障もしっかりしていて
万が一病気やケガをしていても健康保険で対応してくれます。
(万一仕事を辞める事になっても仕事探しに関してサポートしてくれるでしょうし)

そのため
中小企業に関しては
正社員と派遣社員の格差は少し埋まっているのかなと思います。
そして派遣社員のイメージも少しづつ変わってきている気もします(気休めですが^^)

それでも
大企業とか大手の会社とかの話になると
やはり正規と非正規の格差は以前縮まっていないでしょう。

目的があれば派遣社員もあり

僕は何か目的があれば派遣社員はアリだと思っています。
やはり派遣社員だと自分の働きたい条件で無理なく働けるところが多いし
派遣先さえ間違えなければ、残業を強制される事もほとんどないです。

そのため
何かに挑戦したい人とか。副業を始めていきたい人にとっては
かなり働きやすい環境だと現役派遣社員の立場から思ってます。

逆に
ずっと派遣社員として働く事は難しいので
派遣社員を通じてスキルが習得出来たり、将来設計を立てておかないと

派遣労働者というのは社会的に弱い立場であるので

正社員の人以上に将来への見通しはもっておく必要があるでしょう。
(僕も気をつけないといけませんね^^汗)

最後に

今回の月給17万正社員VS21万派遣社員ならどちらを選ぶ人が多いのか
僕自身ちょっと疑問に思いました。

昔の自分だったら「派遣社員とかみっともないよなぁ」と考えて
恐らく月給17万円の正社員の仕事を間違えなく選んでいたでしょう。

しかし
今では正社員という肩書きもそんなに気にならなくなっているので
どちらの仕事がより自分を幸せにしてくれるかという事を考える様になりました。

例え
世間体だけで正社員の仕事を選んで失敗しても
世間の人は誰も責任とってくれませんからね!笑

自分のケツは自分で吹きましょう^^

それでは
今日一日を大切に。

就職支援ブログライター ロスケンタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました