人と関わらない様に生きる事で失われる5つの重大な能力

人間関係

人生立て直しブログライター ロスケンタ 禁煙166日目

どうも、ロスケンタです。

 

人間関係って難しいですよね。

 

学校でもスクールカーストという
学校バージョンの序列制度なるものが存在します。

 

学校の中は大人の職場とはまた違った独特の閉鎖空間であり
子供達だけの社会が学校にはあるのです。

 

誰に教わるでもなく生物の本能として
身分の上下を激しく意識し
教室内で大人顔負けのカースト制度を作ってしまうのでしょう。

 

この子供達の序列制度というものは中々に残酷なものです。
序列が低い者は序列の高い者の気分一つでいじめの対象にされたりと
スクールカースト上位者の裁量により即地獄行きになる事もあり得るのです。
僕自身も常に学校生活が地獄に変わらない様祈るうに通ってました。

 

この記事では
人と関わらないように生きる事で落ちる5つの重大な能力」について
自分の引きこもり経験を元にまとめてみました。

 

人と関わって生きるなんてごめんだ

人と関わらななくていい仕事を選ぼう

もうそっとしておいて下さい

など
人と関わらずに生きていこう、なんて思っている人に
是非読んで頂きたい記事になっています^^。

人と関わらない様に生きる事で落ちる重大な能力5つ

空気を読む能力

一時期空気が読めない人をKYと呼ぶのが流行ましたね。

人と関わらずに生活していると空気を読む能力が失われていき
無意識に自分本位な行動をとってしまいがちになります。

周りの人からすれば自分本位な人って
こいつ気がきかないな」とか「もっと空気読めよ」とか
高確率で思っちゃうんですよね。

 

空気を読めない人というのは
知らず知らずのうちに人を不快にする事が多く嫌われやすいです。

そのため
最低限の相手への心配りとか親切心をもっていると
かなり人間関係は円滑になるなと身をもって痛感しています。

話題のリサーチ能力

人と関わる事がなくなると話題を作る努力を余りしなくなります。

何か新しい知識を得たり、新しい事を経験したりすると
友達とか家族とか恋人とかに話したくなりますよね?

新しく得た事を誰かと共有すると楽しいから
みんな新しい物に触れたり経験するんですよね。

 

しかし

人と関わらないとどんどん楽な方に流れます。
食事はいつもの決まった物の中でローテーションだし
着る物はこだわりもなくいつもと同じ服で
毎日が家と職場の繰り返し。

 

だから
人と会ったときにいつも同じ話題になり
どんどん人が離れていってしまうかもしれません。

 

毎回同じ話題になるのを避けるには
何か新しい体験や物に触れて、その話を誰かと共有するのがオススメです。

話を膨らませるコミュニケーション能力

人と関わる事がないと会話の受け答えの能力も失われていきます。

例えば

〇会話が膨らむ例
ラーメンが好きなAさんとの会話例
A)最近ラーメンにはまっててね。よく食べるんだよ。
B)ラーメン美味しいですよね。何ラーメンが好きなんですか?
A)うーん、醤油か豚骨だけどどちらかといえば豚骨かな
B)僕も豚骨めっちゃ好きです。〇〇っていう店知ってます?
A)知らないけど、美味しいの?
B)バカ旨ですよwよかったら今度いきましょ。笑

✕会話がすぐに途切れる例
ラーメンが好きなAさんとの会話例
A)最近ラーメンにはまっててね。よく食べるんだよ。
B)あー、そうなんですか。
A)・・・。

ちょっと極端すぎる気もしますが
会話が止まってしまう人というのは話を余り聞いてない人が多いです。

 

そして
話を聞いていないから相手の話を膨らませず
すぐに途切れてしまうんですよね。

僕もめちゃくちゃこのパターンが多くて
誰かと1対1で会うと初対面でも沈黙の時間長すぎて
すごく気まずいなぁと思っていました。

 

相手との会話が途切れて気まずい展開にならない為
相手の話に相づちを打ちながら時々質問をはさんでいくといいです。
ただしあんまり質問責めすると嫌がられるので気をつけましょう。

人を疑う能力

人と関わる事がないと人を疑う能力も失われていきます。

人と関わらないと相手の気持ちが分からなくなり

もう誰も信用しないというパターン

一度信用すると安全だと思い込んで信用しすぎるパターン

このどちらかの傾向が強いです。

だから
詐欺とか投資話が舞い込んできた時
普段から人を疑う事を覚えていないと
コロっと相手の術中に落ちてしまうだろうなと。

 

人と関わらなくなると
疑うべき人信用しても大丈夫な人の区別がつかないんですよね。

 

相手が信用出来るかという線引きは
相手の行動を注意深く観察するといいです。

口で言うのは簡単でも
行動に移すのは難しいですからね。

柔軟な発想能力

人と関わらなくなると柔軟な発想力も失われていきます。

柔軟な発想力が失われるとどうなるか。
それは先入観による決めつけが増えてきます。

例えば
・フリーターは怠け者のクズしかいない

・1杯目はとりあえずビール

・天下一品にいったらこってり食わなきゃいけない

など
コレといえばコレみたいに決めつけてしまうと
脳が考えることを辞めるので完全に思考が停止してしまう訳です。

 

人と関わる事がないと外部からの刺激がほとんどなくなるので
1度自分の中で思いこんだ先入観が正しいと思ってしまい
何でもかんでも決めつけてしまうようになるのです。

 

自分の先入観や決めつけに支配されない為には
色んな人と話したり、本を読んだり、何か経験する事で
一つの角度ではなく様々な視点から物事を判断出来るでしょう。

それでは
今日一日を大切に。

人生立て直しブログライター ロスケンタ 禁煙166日目

コメント

タイトルとURLをコピーしました