派遣社員でいる事のリスクをマジメに考えてみた

未分類

職支援ブログライター ロスケンタ

どうも、完全に禁煙に失敗したロスケンタです。泣
禁煙に関する記事を書いたにも関わらず
お恥ずかしい限りです。。。

話しは逸れましたが
この記事では
現役派遣社員が派遣を続けていくと将来どうなるか」を
バカみたいにマジメに考えてみました^^

・現役で派遣社員として働いている方

・失業中で派遣社員を検討している方

・現在正社員だが、仕事を辞めたい方

このように
派遣社員として働いていく事を考えている人は
派遣社員として働く事のリスクについてもしっかりと理解した方がいいでしょう。

派遣のリスクその1 職歴として見なされない

派遣はやはりどうしても下に見られがちで

派遣社員と一緒に現場で働いた経験がない人からしたら

バイトと同じ様に考えている人も恐らくいるでしょう。
僕も実際に派遣社員として働くまでは、こんなに大変とは思いませんでした。

そして
派遣社員の場合
正社員として働く人とは違って職歴としてカウントされづらいと言われています。

多分僕の様に現場の作業とか、リフトの運転とか
他の職場で経験者として即現場に入れる場合は、かなり採用されやすいはずです。

しかし
そうでなく派遣の時とは全く関係ない未経験の仕事を選ぶ時
正社員の人の就活と違って、派遣の期間がかなり不利になると考えた方がいいでしょう。

あなた自身が面接官であれば
何でこの人は正社員でなく、派遣として働いていたのだろう?」といった疑問が湧きませんか?

やはり派遣の世間体は悪すぎるので
派遣社員としての就業期間は就活において不利に働く可能性は高いという事です。。

派遣のリスクその2 職場を転々としなくてはいけない

他の記事でも何度も説明していますが
派遣には抵触日という3年の制限があります。

簡単に説明すると
同じ職場で同じ業種で働く事が出来るのは3年までと法律で定まっています。

本来は国が派遣労働者の雇用を守るために制定されたらしいですが
逆に派遣労働者の生活を不安定にさせていると言われています。

僕もそう思います。
派遣としてその職場で満足している場合、他の職場に移るのって嫌ですからね。

派遣のリスクその3 派遣先によって人の当たりハズレが大きい

普通に派遣に限らず仕事をしていれば分かると思うんですけど
本当に仕事場によって人間関係って当たりハズレがあります。

派遣社員の場合だと

・正社員の人が話しをしてくれないとか

・派遣社員は食堂を使わせてもらえないとか

・正社員の人が目に見えて派遣社員を下に見ているとか

まぁ派遣社員というだけで理不尽な目に遭う事もそこそこあります。汗

もちろん派遣社員と正社員が入り混じって
皆仲良く仕事をしている当たり職場もあります!

まぁ人間関係はガチャみたいなもんですね。笑

派遣のリスクその4 ケガをして動けないと、仕事がなくなる

派遣社員の場合はケガの影響がとてつもなく大きいという事です。

もちろんケガを気にしていたら何もする事は出来ませんが
仮に骨を折って動けなくなった場合に、そのまま更新止めをされる可能性が高いです。

会社にとっていつ復帰出来るかわからない派遣社員を、待つメリットがあるか疑問ですよね。
そして動けない程のケガの場合、肉体労働系の仕事はほとんど出来ません。

そのため
スポーツ選手のように体の故障に怯えながら生活しなくてはいけないのです。

派遣のリスクその5 一緒に働く人の意識が低い事がある

僕が今お世話になっている派遣先の人から派遣労働者の実態について教えてくれるのですが
派遣労働者というのは全体的に責任感がない人とかやる気のない人ばかりで
今までマジメに誠実に働いてくれたのは全体の2割くらいだと言っていました。

僕自身も派遣社員として働いていますが

他の派遣社員の人を見ていて
やはり当日欠勤をしたり、何も言わずに仕事を急に辞めたりと
ちょっとやる気が感じられないなと思う事はよくありました。

人間というのは周りにいる人の影響をとても受けやすいため
知らず知らずのうちに悪い影響を受けるかもしれないので注意が必要です。

派遣を上手に活用しよう

派遣社員として働いていく事に関してリスクばかりまくしたてましたが
派遣社員を完全な悪者にするのは少し可哀相ですよね^^

なので
派遣という働き方は上手に活用しちゃいましょう。

まず派遣社員として働く上での利点は
1、働き始めるまでが早い

2、日程の調整など全部派遣会社がやってくれる

3、残業した分だけちゃんと割増賃金がつく

派遣という働き方のいいところは
就活とは違って働き始めるまでがとても早いという事です。
失業中であれば一日でもはやく働いてお金を稼ぎたいですよね。

それに派遣会社が派遣先の人と日程の調整を進めてくれるので
基本的に就活とは違ってほぼ受け身でOKです。

そして
派遣社員が法定労働時間を越えて残業すると、割増ししたお給料がもらえるので
働き損にはなりませんし、日々の生活も安定するはずです。

現役の派遣社員である僕が言える事は
派遣=お金を稼ぐ一つの手段であること。
派遣だから負け組とか派遣だから年収が低いとか事実ですが考えるだけ無駄です。

本当に大切な事って
今目の前の事にどれだけ全力で取り組めるかって事だと思います。

あなたは今本当にやりたい事がありますか?

それでは
今日一日を大切に。

就職支援ブログライター ロスケンタ

コメント

タイトルとURLをコピーしました