派遣社員として働いていた時に人には言えなかったリアルな声

仕事・就活

人生立て直しブログライター ロスケンタ

どうも、ロスケンタです。

 

派遣社員。一度踏み入れてしまえば抜け出す事の難しいあり地獄。

派遣社員は責任は負わされないのに高時給、仕事も簡単で、辞める時も派遣会社の人が段取りしてくれるので、職場が合わなければ、違う職場をお願いしますと言えば、また違う職場をあてがってくれてしまう。

一度派遣社員の旨みを知ってしまうと、何か急に人生がイージーモードになった様で、色々と真面目にやるのがアホらしくなってしまいます。

派遣社員という働き方、全てが悪いとは思いません。むしろ自分の状況に合わせて派遣という働き方を有効活用したり、仕事が全然なくて困っている時などには、目先の生活の安定には役立ちます。

しかし派遣を一時の仕事ではなく、3年、5年、10年と続けていくと次第に派遣社員がそれほど稼げない現実にも気付いてきます。

そして派遣社員として年齢を重ねれば重ねるほど、派遣以外の働き方の選択肢が少なくなってしまう事にも注意が必要です。

この記事では「派遣社員が大正義だと思っていた僕が年齢を重ねる毎に、派遣に対する不安を募らせていったリアルな声」について記事をまとめました。

派遣社員をやるならぜひ実践して欲しい事も後述するので、ゆっくりしていってくださいね。

派遣社員でいる事に不安を覚えるタイミング

・結婚に対して消極的になる(彼女の親に会いづらい)

・親や友達などに派遣社員だと言い出せない

・タバコやパチンコに依存しやすくなる

・ケガや体の故障に怯える日々

・仕事が出来ないと責められやすい

結婚に対して消極的になる(彼女の親に会いづらい)

・・・。

お父さん。実は紹介したい人がいるの。

どんな人なんだ?

実は今派遣をやっていて。

うぉっぷ。

 

結婚を考える時に派遣社員という肩書きはすっごくまずいです。

そもそも派遣社員というのは、元々仕事が不安定で不況の煽りを受けやすいという性質に加えて、特に現在の中高齢層の大半の方は派遣=まともな職業につけない人がなるものというイメージが強いです。

派遣社員という肩書は他人からのイメージがすこぶる悪いので、結婚か派遣かの2択を選ぶくらいの気持ちでいてもいいくらいだと僕は思っています。

ちなみに製造とか物流の派遣社員は基本的に給料もそれほど高くないので、家族を持った時に、目の前の生活で一杯一杯となり、不足の事態耐えうるお金を貯められる可能性がグッと減るので、派遣社員は家族を持つ事も大きなリスクとなりえます。

もちろん派遣会社は全く守ってくれません。

親や友達などに派遣社員だと言い出せない

先ほどにも書いたように
派遣社員というと世間的なイメージは悪いです。
それもかなりです。

とにかく職が安定していないという印象を持たれるので
素直に派遣社員だと伝えると面倒くさい事になります。笑

特に昭和世代の人にとっては
正社員の様な抵触に就いていない人は問題のある人と評価されがちです。

そのため
どんな理由があろうと
昭和世代の人にとっては生理的に受け付けないんだろうなと思います。

それでも僕は自分らしく生きるために派遣社員として
働いていくことを選びました。

タバコやパチンコに依存しやすい

派遣社員は基本的に単純労働が多いのでストレスが溜まります。

仕事がパターン化するというのは意外とストレスとなり
ストレス解消の為にタバコが吸いたくなったり、パチンコがしたくなったりします。

タバコに関しては単純労働者は特に依存しやすいと言われています。

気分転換にタバコを吸わないとやってられないくらい
単調な毎日の繰り返しとなるのは悩みどころですね。

ケガや故障に怯える日々

僕の様な肉体労働者は体が資本なので
ケガやギックリ腰などの体の故障には特に気をつけなくてはいけません。

もし骨折などしてしまえば
僕はご飯が食べられなくなってしまうので
大ケガにつながりやすいスキーやスノボーなどのウィンタースポーツは封印してます。涙
本当はやりたいんですけどね・・・。

ケガをしないように大胆な遊びはしづらいというのが派遣社員として働いている悩みの種です。

仕事が出来ないと責められやすい

派遣社員は結構時給の単価が高いです。

派遣社員の時給+派遣会社の取り分がありますので

派遣社員1人雇うのには結構お金がかかります。

そのため
派遣社員の時給+派遣会社の取り分のお金働きが求められます。

正社員の場合は
丁寧に長い目で見て育ててもらえる事が多いですよね。

しかし
派遣社員の場合は
いつも自分より仕事の出来る後輩に怯えなくてはいけません。
(正社員でも一緒かもしれませんね。)

自発的に仕事をしていかないといけないので
受け身な人や教えてもらってないから出来ないとかいう人には
派遣社員という働き方は向いていかいかもしれません。

派遣社員で得したなと思った事

・残業がほとんどなく、自分の時間が多くとれる

・体を一日動かしているため太らない

・土日祝日休みなので予定が立てやすい

残業がほとんどなく、自分の時間が多くとれる

正社員というと残業がつきもので、ひどいと休日出勤もしなくてはなりません。

そして
いわゆるブラック起業ともなると、残業代や休出代も出ないと聞きます。

手当が出ない残業や休出なんて僕には時間の無駄使いとしか思えず、我慢なりません。

その点
派遣社員だと残業した場合かなり割高になるので
出来るだけ残業にならないようにスケジュールが組まれる事が多いです。
(派遣でも残業バッチコーイな所はあります)

基本的に僕の今の職場は定時上がりばかりなので

空いた時間にシコシコと

ブログを更新したり、本を読んだり、人と会ったりという時間に充ててます。

体を一日動かしているため太らない

僕は最近仕事終わりに
アイスを食べる→ビールを飲む(夕食と一緒に)→スイーツを食べる→寝る

まじで体が糖分を欲します。

こんな感じでカロリーをめちゃくちゃ摂取していますが
一日倉庫内を歩き回っているせいか全く太りません。
そのかわりお腹ヤセも止まりました。涙

そして
太らないだけでなく、筋肉もついてきて、確実に基礎代謝はあがりました。

肉体労働はキツイけど
太らない事や筋肉がついていくのは嬉しくて得した気分です^^

土日宿術休みなので予定が立てやすい

僕の今の職場は何と土日祝日休みです。
土日祝日休みといっても、日給月給なので休んだ分はう給料減ります。

けど最近は祝日が多いので
土日と祝日が重なって3連休になるときなどは結構テンションあがります。

結局最近は年末にかけてお金を貯めたいので
ゲームをやったり麻雀やったりプチ旅行に行ったりして
余りお金を使わない生活をしています。

それでも
誰かから楽しそうな誘いが来たら、秒でOKしちゃいますけどね。笑

節約は大事な事ですが、貯金を趣味にしないようには心がけています。

やはりお金は使うためにあるので
ただただ通帳の数字が増えていくのをニヤニヤと眺めるだけでなく
経験に投資した方が自分の為にもなるし、何より人生楽しいですよね。

何もかも節約と考えるのではなく

絞めるところは絞めて、使うところでは使えばよいのではないでしょうか。

最後に

現役派遣社員の僕が普段悩んでいる事や、派遣社員で嬉しかった事についてお話しました。

・定職について腰を据えて頑張っていくのか

・フリーター、派遣社員として自分のやりたい事に挑戦して生きていく

どちらを選ぶかは自分の好み次第だと思います。

まぁ正社員のあの息苦しさを体感すると
会社に縛られずに生きていきたいという夢を見て生きるのもアリなのかなと感じます。

僕は通勤という概念が嫌で、満員電車は死ぬほど嫌いです。

どうか1人でも多くの人が自分にとって幸せになれる生き方が出来ますように。

それでは
今日一日を大切に。

就職支援ブログライター ロスケンタ 禁煙18日目

コメント

タイトルとURLをコピーしました